1958年、スワンチェアは、デンマークの巨匠アルネ・ヤコブセンが設計・デザインを任された旧SASホテルのためにエッグチェアとともに特別にデザインされました。家具を含めたホテルのデザインを手掛けることは、デザインと建築の統合という自身の理論を実施するのに絶好の機会でした。ほぼ水平面と垂直面でデザインされているホテルに対し、曲線でデザインされたスワンチェア。アルネ・ヤコブセンは、このホテルで建物のプロポーションからドアノブやカトラリーなどの細部にまでこだわり、トータルデザインにおける偉業を成し遂げています。スワンチェアはアルネ・ヤコブセンの自宅のガレージで、考案されました。当時の製造技術において、直線部分が一切なく曲線のみの形状のスワンチェアは技術的に革新的なチェアとして誕生しました。シェルの形状は圧迫感もなく優しいデザインで、ラウンジや待合室などでの使用はもちろん、ご自宅での使用にも理想的です。白鳥が羽を広げようとする姿を思わせるスワンチェアは、今もその羽を広げ続けています。

Spec

Swan
Design : Arne Jacobsen
Brand : Fritz Hansen
Size : W740×D680×H770 (SH400)
Material : Fabric / Steel / Aluminum
Price : ¥550,000 (tax in)

※上記は展示仕様の価格となります。張地によって価格は変動します。
※Spec : Steelcut Trio3