遊び心のあるデザインと既成の枠組みにとらわれない発想で知られるイームズ夫妻が、1956年に発表した「イームズラウンジチェア&オットマン」。すべては1940年代にプライウッド(合板)という素材を試したことがスタートでした。チャールズはこのチェアの設計について、イギリスの紳士が集うクラブのラウンジチェアをイメージしており「使いこまれた一塁手のミットのように温かく、包み込むようなチェアを」と話しています。この思いには理由があり“現代生活のストレスを忘れさせてくれる特別な空間”となるチェアを目指していたのです。製品化となったチェアは極上の座り心地を人々に与え、アメリカンモダンデザイン・ミッドセンチリーを象徴とするデザインのひとつとなりました。「イームズラウンジチェア」は今でも発表当時と同じ製法を伝統的に続けられており、プライウッドの成形、革の裁断・磨き・縫製と一つ一つの作業に細心の注意を払って手作業で組み立てられています。様々な種類のベニア、各種レザー張り・モヘアなど複数の素材オプションがあり、2種類のサイズから選ぶ事が可能です。どの素材を選んでも、このデザインの質そして信頼性はハーマンミラーが約束してくれます。

Spec

Eames Lounge Chair&Ottoman
Design : Charles & Ray Eames
Brand : Herman Miller
Size : (Lounge Chair) W832×D832×H813 (SH381) / (ottoman) W660×D546×H438
Material : Leather / Plywood / Aluminum
Price : ¥708,400 (tax in)

※上記は展示仕様の価格となります。仕様によって価格は変動します。
※Spec : Walnut / Black Leather