1958年、エッグチェアは、デンマークの巨匠アルネ・ヤコブセンが設計・デザインを任された旧SASホテルのためにスワンチェアとともに特別にデザインされました。家具を含めたホテルのデザインを手掛けることは、デザインと建築の統合という自身の理論を実施するのに絶好の機会でした。ほぼ水平面と垂直面でデザインされているホテルに対し、曲線でデザインされたエッグチェア。アルネ・ヤコブセンは、このホテルで建物のプロポーションからドアノブやカトラリーなどの細部にまでこだわり、トータルデザインにおける偉業を成し遂げています。アルネ・ヤコブセンはエッグチェアをデザインする時に、チェアの図面を作るのではなく、自宅のガレージで、彫刻家のように粘土を使ってエッグチェアの試作を何度も繰り返し、完璧なシェルのフォルムを実現しました。また、シェルの張地下に硬い発泡材を使用するという新しい技術も、いち早く取り入れました。このようにして誕生したエッグチェアは、長年にわたり世界中で使い続けられ、デンマークデザインにおける不朽の名作とも言われています。

Spec

Egg
Design : Arne Jacobsen
Brand : Fritz Hansen
Size : W860 x D790-950 x H1070 (SH370)
Material : Fabric / Steel / Aluminum
Price : ¥873,400 (tax in)

※上記は展示仕様の価格となります。張地によって価格は変動します。
※Spec : Christianshavn