フィンランドが生んだ20世紀を代表する建築家・デザイナー、アルヴァ・アアルトが1933年にデザインした「スツール60」。アルテックを象徴とするデザインのひとつであり、スツールとしてはもちろんですが、サイドテーブル・ディスプレイ台など、あらゆる使い方ができる面でも多くの人々を魅了しています。魅了する要因として3本脚なところに惹かれる方が多いと思います。4本より3本である事の方が美しく、壁際にある姿・スタッキングされている姿は心を掴まれます。アルテック製品に使われている脚は「L-レッグ」と呼ばれ、アルヴァ・アアルトが1930年代初めに開発し、特許を取得した曲げ木の技法です。脚となる無垢材の先端から曲げる部分まで切れ目を入れ、その間に薄いベニアを挟み、熱を加えながら曲げる技術でテーブルやスツールの脚はつくられています。製品化する材にもこだわりをもち、アルテック製品のほとんどがフィンランド産のバーチを使用しております。100年以上続く計画伐採をする事で、森林資源は無くならず、今ではより豊かなものとなっています。

Spec

Stool60
Design : Alvar Aalto
Brand : Artek
Size : φ380×H440
Material : Birch
Price : ¥26,950 (tax in)

※上記は展示仕様の価格となります。仕様によって価格は変動します。
※Spec : Natural Lacquer