今、注目されるデザイナーのひとり佐藤オオキが創設した、日本のデザインスタジオnendoとのコラボレーションにより誕生したダイニングチェアN01(エヌゼロワン)。ヤコブセンのグランプリチェア以来61年ぶりに発表された木製のチェアです。フリッツ・ハンセンを代表する歴代のチェアで使用されている9層の合板を使い、シェル部分に特徴を持たせたデザインは、座面の両サイドを緩やかに立ち上げることで、体を包み込むような座り心地を実現すると共に、スワンチェアやエッグチェアの面影も残されています。ベースは無垢材の純粋さを活かしつつ洗練されたシェイプとなっており、ミリ単位で計算されたウッドデザインは、余計なものを取り除いた機能性と美しさです。単に座り心地だけを追求しただけではなく、どの角度から見ても美しく、ダイニングテーブルに配置されたその姿は、完璧を追求するnendoの緻密なこだわりが体現されています。23の木製パーツが職人の手によってパズルのように組み上げられ、継ぎ目にネジなどが露出しないシンプルな表情を持ち合わせたこのチェアからは、フリッツハンセンの伝統と歴史を感じることができます。

Spec

N01
Design : 佐藤 オオキ
Brand : Fritz Hansen
Size : W620×D490×H745 (SH440)
Material : Oak Solid / Oak Veneer
Price : ¥105,600 (tax in)

※上記は展示仕様の価格となります。樹種によって価格は変動します。
※Spec : Black Oak