フランスのデザイナーであり建築家、そしてエンジニアでもあったジャン・プルーヴェが「STANDARD」をデザインし始めたのは1934年のことでした。3つの試作を経て4番目につくられたものが今のスタンダードの原型となっています。「No.4」と名付けられたが、プルーヴェの代表的な椅子で、彼の手がけた椅子作品の定番という意味から「スタンダード」という愛称で親しまれています。プルーヴェは椅子に座った時、後ろ脚に最も負担がかかるという椅子の本質を見抜き、かかる重さが比較的軽い前脚には細い鋼のチューブを使い、より大きな重さがかかる後ろ脚には、太さをもたせた中空の鋼板を用いる事で椅子にかかる重さを床へ逃がせる構造となっています。背もたれと座面のプライウッドは、ウォールナット・オーク・ダークオークの3種類を展開しており、それに合わせる脚のカラーは5色より選択可能です。2014年にはカラー展開が魅力的なASAプラスチック製の「STANDARD SP」も発売されており、メインのチェアにはもちろんですが、差し色をプラスしたい時のチェアとしてもオススメです。ダイニングやオフィスなど様々な空間に溶け込んでくれます。

Spec

Standard
Design : Jean Prouve
Brand : Vitra
Size : W420×D490×H820(SH465)
Material : Plywood / Steel
Price : ¥88,000 (tax in)