1952年、アリンコチェアはデンマークデザインの巨匠であるアルネ・ヤコブセン自身が建築した、製薬会社(ノボ・ノルディクス社)の食堂で使用するためにデザインされました。当時不可能とされていた、背座一体型で、3次元曲線の成形合板で作られているチェアを世界で初めて実現させました。強さを秘めたスレンダーな脚と、広くとられた背中の丸い形と細いくびれが、まるで蟻(アント)が頭を上げたような形をしているのでこの名前が付けられたそうです。背面の適度なしなりと座面のカーブによって、長時間座っていても疲れにくいようになっています。デザインされた当時、革新的なデザインのこのチェアを、誰もが受け入れたわけではありませんでした。万が一、売れ残ったチェアはすべてアルネ・ヤコブセンが買い取ることを約束し、なんとか製造が継続されました。しかし、その美しいデザインと座り心地は、その存在価値を証明し、数百万脚販売され、見事に名作チェアの地位を獲得しました。デザインされてから半世紀たった今、デザイントレンドが追いついたことで、このチェアは今の時代により相応しいチェアになったといえます。3本脚は、デザインされた当時のオリジナルデザインです。

Spec

Ant -3leg / Colored Ash-
Design : Arne Jacobsen
Brand : Fritz Hansen
Size : W520×D510×H770 (SH440)
Material : Plywood / Steel
Price : ¥41,800 (tax in)