ジャン・プルーヴェは、鍛冶工としての経験を積んだ後、1924年にナンシーで自身の工房を設立。
1953年に会社を手放し、パリに建設される多数の建築プロジェクトにおいて、コンサルティングエンジニアとして従事。
1971年には、ポンピドゥー・センターのデザインコンペのトップとして、レンゾ・ピアノとリチャード・ロジャースのデザインを選出し、建築史にその名を刻みます。
ジャン・プルーヴェの作品は、最小限の材料と無駄のない構造によって手掛けられており、それは、構造を知り、素材に従うことで生まれる正直なカタチが、最も合理的で美的であると考えていたからです。
それらの作品は、建築界の巨匠、ル・コルビジェをはじめとする同時代の卓越した建築家から賞賛を集め、建築からプロダクトまで幅広い分野において偉大な功績を残した、20世紀を代表する建築家・デザイナーです。