1965年にハンス J. ウェグナーが自邸のためにデザインしたチェアです。小さい木を寄せ集めて作られた背もたれは、無駄がでないよう木材を使用することができます。上下左右の4つの木材の中心の接合部分には「ちぎり」と呼ばれる十字型のパーツが入っており、このチェアの特徴的なデザインの一部にもなっています。また、木材を削り出したチェアを得意としていたウェグナーですが、このチェアの脚にはスチールを採用し、軽快な印象を与えるデザインになっています。元々は自邸のためにデザインした作品だったので、デザインされた当初は販売の予定はありませんでした。しかし、その座り心地とシンプルなデザインが評判を呼び、結果的にはこれまでの作品とは異なるウェグナーの新境地を見ることができる作品となりました。ウェグナーが自邸のためにデザインしたこのチェアは、ウェグナー夫人がその座り心地の良さを大変気に入っていたそうです。机の方までぐっとチェアを引き寄せて深く腰をかけると背筋がピンと伸び、自然な背骨の曲線が保て、長時間座っても腰が疲れにくい仕様になっています。

Spec

PP701
Design : Hans.J.Wegner
Brand : PP Mobler
Size : W630×D460×H650 (SH450)
Material : Solid wood / Leather / Stainless Steel
Price : ¥237,600 (tax in)

※上記は展示仕様の価格となります。仕様によって価格は変動します。
※Spec : Oak Soap / Soft Leather