ミラノで発表されたアナログテーブルは、正方形でも円形でも楕円形のどれにも当てはまりません。マドリード出身の現代アーティストのハイメ・アジョンは、これら3種類の基本的な形状の特徴をひとつにし、テーブルを囲むすべての人が自然と向き合えるような、新しい有機的なフォルムのテーブルトップをデザインしました。コーナーであっても座ることができるような角度のついたウッドレッグは、アルミニウム製のトランペット型接合部で天板に接続されており、テーブルにアクセントを添える個性となっています。天板トはホワイトラミネート、オーク、ウォールナットの3種、脚部はブラックオーク、オーク、ウォールナットの3種で展開されており、好みの空間を演出できます。デジタルデバイスを介してのコミュニケーションで溢れてしまっている今の世の中で、「アナログ」という名前のもとにデザインされたこのテーブルには、家族が集まり、食事をし、本を読み、仕事をする、、、従来のようにテーブルが人々の暮らしの中心であって欲しいという、ハイメ・アジョンの想いが託されているようです。

Spec

Analog JH63
Design : Jaime Hayon
Brand : Fritz Hansen
Size : W1850×D1050×H720
Material : (TOP) Veneer / (LEG) Solid Wood
Price : ¥323,400 (tax in)

※上記は展示仕様の価格となります。仕様によって価格は変動します。
※Spec : (TOP) Walnut Veneer / (LEG) Black Lacquer Oak