ノルウェー人デザイナーである、ダニエル・リーバッケンが2017年に発表した「キーラシリーズ」。「キーラ」とはフィンランド語で「楔(くさび)」を意味しています。「キーラコートスタンド」はデザイナーである、リーバッケンがカメラの三脚にコートを掛けてみた経験からインスピレーションを得てデザインされています。3本のアッシュ材による木製の脚と、ジョイントとして使われているパウダーコート仕上げを施した金属のみで構成されており、あえて部品や構造を見せるところがアルテック製品らしく、心をくすぐってくれます。リーバッケンにとって初めての家具シリーズとなる「キーラ」は、堂々とした風貌とともにアルテックの伝統と哲学を受け継ぐ、時代を超える美しさを秘めています。「キーラシリーズ」はコートハンガー・コートラック・ベンチを展開し、本体が「ナチュラルラッカー」はジョイント部を「ブラック」「ホワイト」から選択可能、「ブラックラッカー」ですとジョイント部は「ブラック」になり、シックからナチュラルまで、どんなインテリアにも調和してくれます。

Spec

Kiila Coat Stand
Design : Daniel Rybakken
Brand : Artek
Size : W540×D480×H1920
Material : Ash / Steel
Price : ¥52,800 (tax in)