キャスパー・サルトは、ヨルゲン・ヴォルフの工房で家具職人として修練を積んだ後、デンマークデザインスクールに入学し、1994年に同校を卒業。
1996年から1997年にかけて、コペンハーゲンの王立芸術アカデミーで講師を務め、1997年にコペンハーゲンで開催されたS.E.展では展示設計を手掛けました。
キャスパー・サルトのインスピレーションの主な源は、自然界に見られる優れたデザインと色使い。その繊細なデザインが高く評価され、若くして、デンマーク芸術財団賞、フィン・ユール賞など、数々の名誉ある賞を受賞。
デンマークの伝統ある家具デザインと国際的なインダストリアルデザインのバランスが取れたサルトの作品は、世界の有名美術館でも採用されるなど、デンマークが世界に誇るデザイナーの一人です。