クリスチャン・デルは、1911年に銀細工師見習いを修了し、1912年からワイマールのザクセン美術工芸大学で学びました。
1922年から1925年まで、バウハウスのメタル工房の主任を務め、革新的で時代を先駆けたデザインを生み出す現場を支えてきました。
1926年初頭には、ネハイムヒュステンのランプ工場Gebr. Kaiser 社の照明デザインを手掛けるようになり、1936年に発表した6631Luxusテーブルランプが瞬く間に世に広がったことで、工業デザイナーの先駆けとして名が知れ渡りました。
機能美を重視したシンプルで飽きのこない照明は、気高いドイツデザインと精密技術を象徴したプロダクトとして、今もなお色褪せない輝きを放ち、クリスチャン・デルの銀細工師だった誇りが垣間見えます。