ヨ―・ハーマボーは、デンマーク王立芸術アカデミーで学んだ後、銀細工師として働き始め、1957年には、ランプメーカーFog&Morupにチーフデザイナーとして採用。
Fog&Morupは、1960年代、Louis Poulsenなどと共に当時のデンマークで大きな影響力を持っていた照明メーカーで、ハーマボーがリーダーシップをとっていた時期と同社が最もクリエイティブで商業的に成功していた時期は重なります。
ハーマボーの徹底されたデザイン哲学とシンプル化をするための秀でた洞察力、そして機能、フォルム、美学への深い理解力により、これまで190点以上の照明デザインを手掛け、それらのいくつかは国際的な賞も受けています。
デンマークの照明デザインに革新的な貢献をもたらした、ヨー・ハーマボー。半世紀過ぎた今でもモダンで洗練されたデザインの照明から、ハーマボーの真髄がみえます。