ウーゴ・パッソスは、ポルトガル生まれでロンドンを拠点とし、2012年に自身のデザインスタジオを開設。
日常のオブジェや家具などをデザインし、ミュージアムやデザインフェスティバルなどに作品を出展。それらの作品が高く評価され、ヨーロッパ全土に名が知れ渡るようになりました。
ウーゴ・パッソスの作品は、形と使い方の両方の側面から考えられており、”本来の目的を果たさなければならない”という原則へのコミットメントによって支えられ、結果として生じるデザインが高く評価されています。
また、家具でありながら見たものを魅了させる芸術的可能性を無視することなく、最終的な合成に影響を与える材料、構造、人間工学に多大な注意を払う、家具へのアプローチが、北欧の老舗家具ブランドFREDERICIAのコアデザインの価値と深く共鳴し、同社の家具をデザインするようなるなど、世界から注目を集めるデザイナーの一人です。