グレーテ・マイヤーは、リトグラファーとピアニストの両親から技術的・芸術的センスを受け継ぎ、建築の道へと進むため、コペンハーゲンの王立芸術アカデミーで学び、1947年に同校を卒業した唯一の女性です。
1960年にデザインスタジオ、グレーテ・マイヤー・デザインを設立し、ロイヤルコペンハーゲンやジョージ ジェンセンなどの有名なデンマークブランドに優れたデザインを提供。
グレーテ・マイヤーの作品は、時間を超越したタイムレスな風合いを持つシンプルで厳密な表現が特徴で、代表的な作品は世界中の美術館に展示され、数々の賞を受賞しています。
ユーザーの日常生活に密接した機能的なデザインは、半世紀以上たった今でも色褪せることなく、人々の暮らしと共に生き続けています。