Kvadrat(クヴァドラ)は、1968年、ポール・ブリエルとエーリング・ラスムッセンが、自分たちの理想とするテキスタイルを作ろうと独立したのが始まりでした。
耐久性に優れた高品質なテキスタイル作りを目指し、10年間使っても変わらない色、風合い、耐久性が支持され、テキスタイルメーカーとしての地位を確立していきました。
生地の開発は、家具デザイナー、ファッションデザイナー、建築家等、様々な分野のクリエーターやアーティストたちとも積極的にコラボレーションし、家具の張地、カーテン、ラグなどで構成されるテキスタイルコレクションは150のデザインと3500色のカラーを取り揃えています。
今や、世界屈指のファブリックブランドとなり、世界中の有名家具メーカーや建築家にも広く採用され、ヨーロッパのテキスタイル市場を牽引する存在となっています。